お問い合わせはこちらまで

初診専用

050-7301-5001

再診・その他

03-6300-0707

メールお問合せ

24時間メールお問合せ

小児歯科|渋谷区代々木の矢島歯科医院|土曜日も診療

お問合せ
お問合せ
矢島歯科医院

TEL

MAP

MENU
インプラント無料相談
無料健康診査受付中
  • ※火曜日9~13時、土曜日9~14時

    小児歯科

    小児歯科はお子様を対象に、虫歯の治療や予防処置を行います。
    子供の歯はまだ歯質が弱く、エナメル質も薄いため、大人の歯よりも虫歯になりやすいという特徴があります。

    「乳歯の虫歯はどうせ抜けるから」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、子供のころの口内環境は将来の歯、永久歯の健康や歯並びにも大きな影響を及ぼします。

    そして永久歯は虫歯治療で削ったり抜いたりすると二度と元には戻りません。
    そのためにも乳歯の内からしっかりと虫歯予防を行いましょう。

    生後半年前後

    乳歯が生えてきます。上下前歯とその両脇の歯が順に生えてきます。
    離乳食を食べた後にガーゼ等でやさしく拭き取ってあげましょう。
    このころより低濃度のフッ素塗布を行うと虫歯リスクを効果的に減らすことができます。

    1才6カ月

    このころになると乳歯も16本になります。
    哺乳瓶での授乳をやめて、規則正しい食事に切り替える時期です。
    自治体や歯科医院で行っている検診の受診をお勧めします。フッ素塗布による予防も大切です。

    3才前後

    このころになると20本すべての乳歯が生えそろいます。
    この時期の口腔内の状態が、永久歯になってからの虫歯のなりやすさを大きく左右すると言っても過言ではありません。
    親御様の仕上げ磨きも大切ですし、歯科医院での歯並びやかみ合わせのチェックも行いましょう。

    6才前後

    このころになると、乳歯の奥歯の後ろから「6才臼歯(初めての永久歯)」が生え始めます。
    6才臼歯は噛む力をコントロールするのに重要な歯ですが、でこぼこや溝が深く多い構造になっている為に、虫歯になりやすい歯でもあります。
    溝を埋めるシーラントや少し高い濃度のフッ素塗布で虫歯リスクを減らしましょう。

    フッ素塗布

    年齢に応じた濃度のフッ素を歯に塗布することにより、歯質を強化して虫歯になりにくい歯を作ります。

    シーラント

    生えかわりたてのお子様の歯は、特にでこぼこが多くなっています。
    この溝にプラスチックコーティングを施し、溝にプラークがたまるのを防ぐ方法がシーラントです。

    当院では

    歯医者に対して強い抵抗感を持っているお子様には、押さえつけるなどの「無理やりな治療」は行わずに、歯医者に慣れていただくところから始めます。
    無理やりな治療はお子様にとって大変なストレスになり、歯医者が嫌いなままトラウマになってしまう可能性があります。
    少しずつ慣れてもらいながら、治療を進めて参りますのでご安心ください。


    アクセス&お問い合わせ

    住所
    東京都渋谷区代々木2-22-5 カテリーナ代々木1F
    アクセス
    新宿・代々木駅より徒歩7分
    初診診療
    tel:05073015001 050-7301-5001
    再診・その他
    tel:0363000707 03-6300-0707

    診療時間9:00~20:00

    PAGE TOP